生命保険千葉無料相談窓口

MENU

保険料の掛け捨てのお金は「損」するのか?掛け捨てと聞くと自分にとってマイナスな気分になりますが、だからといって、貯蓄型の保険であっても、途中解約してしまう事で結局は、掛け捨てをしたのと同じぐらい(又はそれ以上)の損はしてしまうことがわかりました。
一体なぜこういう結果になってしまったのかというと、結局、定期保険での保険料といいますのは、「保障」にかかる価格だということです。
対して、貯蓄型の保険ですと、「保障」+「貯蓄」というタイプでして保険料を支払っていますので、そのため、保険料は更に高いわけです。そして万が一解約した場合に、返戻金として戻ってくるのは「貯蓄」で掛けていた保険の部分しか戻りません。
「保障」部分では、お金を払ってそれを買ったわけですから、その代金の分は当然戻ってきません。というわけで、以上のことを理解して頂ければ、掛け捨て保険のお金といいますのは、本当の意味で「捨てて」いる事にはならないですし、貯蓄型の保険と比較しても「損」をしているわけでもないことがわかるはずです。
まとめ結論と致しましては、「掛け捨てと貯蓄型の保険、どちらがいいの?」とするなら、次のように考えることができるでしょう。
必ず一生涯の保障が必要なケース→貯蓄型 死亡した時点で必要となる葬儀の費用や相続時の対策などで、自分が亡くなるときに保険金が必ず準備する必要があると考えるなら、定期保険は選べません。
もし定期保険に加入して、更新をし続けたとしても、必ずいつかは更新ができなくなる年齢に達してしまうからです。一時的だけ保証を付けたいケース→掛け捨て保険が適合 特に若い間の一時期だけ保険に入っておきたい、その後は死亡保障は必要ないが、自分の貯蓄でやりくりして生活をする、といった場合は掛け捨てを選ぶべきです。保険料が安くて済むので、結果としてお得です。
老後の生活に備えた貯金は基本的に自分で管理しておきたい場合では→掛け捨てタイプがオススメ 貯蓄型の保険では「保障」+「貯蓄」で成立しているのです。この貯蓄の部分といいますのは、いってみると保険会社に頼んで運用を託している状態なわけです。
結果的には、解約返戻金は支払った金額より少し多く返金されるのですが、貯蓄を目的とするのなら銀行でもいいわけですし、リスク承知で株や投資信託などさまざまな投資のやり方や資産運用の方法があります。
お金を貯めておきたい・増やしたいという事を、保険会社のは頼らず行いたい場合は、保障だけを受けられる掛け捨て保険で十分ではないでしょうか。ですが、述べたように死に至るまで保障が希望なら掛け捨ての定期保険を選択すべきではないです。